雛祭りにお蕎麦を食べる?

まだまだ寒さが厳しいですが、日差しに春の訪れを感じられるようになってきました。
そして3月3日は春の節句、ひな祭りribbonですね。
 
その昔日本には、雛祭りにお蕎麦を食べる文化があったことをご存知ですか?
雛祭りのお供え物というと、ひなあられ、菱餅ですよね。
実はお蕎麦も代表的な雛祭りのお供え物のひとつだったんです!
江戸時代から蕎麦は長く伸び、家運や寿命が長く伸びるということで、その縁起を担いで、お蕎麦を供えて、
お雛様を片付ける際に食べていたんですって。
そこで古登婦喜では期間限定で「雛そば」をご用意いたしました!
温かいお蕎麦に可愛いらしい菱餅、飾り小エビ天にかしわ肉、蒲鉾…など、具沢山で見た目も可愛らしい「雛そば」です。
どうぞこの機会にご賞味下さいnote
 
雛そば・・・1000円(税別)