たねぬきの由来

俗に"たねぬきそば"と言います。
これは見栄っ張りな江戸っ子が天ぷらそばを食べたいが安く食べる手段で、天ぷらの種"海老"をぬいた衣、揚玉(天かす)を種ぬき、ネタぬきと言って粋にそばを食べた所から名付けました。
関西では揚げのはいったおそばをキツネ、ケツネとも言います。
揚げ玉の入ったおそばのことをハイカラと言い、タヌキそばとなります。